高校留学の勧めについて

高校留学はまだ知名度が低く、ご存知ない方も多いかもしれません。

しかし中学までは義務教育ですがそれ以降は自由であるのです。日本の高校は魅力を感じない、海外で学び英語力を高めていきたいと考える方には良い選択と言えるでしょう。さて、高校留学をするには幾つかの条件が設けられています。まずは、中学課程を終了もしくは見込みであること、そして英語力が英検の3級レベルあること、成績も5段階評価のうち平均3であること、そのほか英文の推薦状なども必要になるなどです。

誰でも高校留学ができるというわけではないので注意が必要になります。留学先として人気な国は、オーストラリア、ニュージーランド、カナダなどです。ほとんどの留学生はホストファミリーと過ごし、日本の高校と同じように授業を受け、学校がお休みの日は友人と過ごしたりと日本とほぼ変わりません。高校留学をすることにより得ることができるメリットとしては、語学力の強化です。年齢が若ければ若いほど習得も早く、毎日英語に触れることで確実に上達できることでしょう。

そして国内を離れるため早くから自立心が身につき、学校によっては様々な国籍の方も学びにきているため、多種多様な考え方に触れることができ人間としても一回り大きくなれることが期待されます。また、万が一日本の高校で学びたい場合も留学先の高校で得た単位に関しては継続することが可能になるので、ほとんどの高校が同学年と一緒に進級することが可能になるのです。高校留学も選択肢の一つと言える時代になったかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *