セブ島の大自然で英語を学ぶ留学

セブ島は世界有数のリゾート地として定評がある島です。

世界中から観光客が訪れ、ビーチや高級ホテルなどが整備されています。フィリピンは公用語が英語なので、最近ではセブ島で英語を学びたいと外国人が多く語学学校にやってきます。日本人の留学生も増加の一途をたどっており、2018年には3万人を超える学生がこの地に留学し、英語の習得に励んだといいます。セブ島留学が人気の秘密は、なんと言っても費用が安いことにあります。アメリカやオーストラリアは物価が高くお金がかかりますが、セブ島なら欧米の半額の費用で英語を学ぶことが出来るのです。

留学生向けの寮が完備された語学学校も増えてきており、世界中から学生が集ってきています。フィリピンで英語を学ぶ最大のメリットは、マンツーマンで毎日授業を受けることができます。少人数制のクラスよりもマンツーマンは丁寧かつ細かい指導を受けることが出来るため、英語力が身につきやすいのです。

実際、セブ島で語学を学び、その英語力を生かして第一線で活躍したり、欧米への大学院へ進学をしたりと華々しく活躍している人が多く、フィリピンでの留学がきっかけとなっている人も少なくありません。公用語として英語が使われている以上、ハイレベルの語学の習得を期待することが出来るため、海外からの学生も一生懸命英語を学んでいるのです。基礎から指導を受けることが出来るので、初心者でも安心して学ぶことが出来る環境です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *