セブ留学で集中して英語を学ぶ

セブ留学で英語を学びたいと考えている場合、どの程度学びたいと思っているかで留学先を決める事です。

観光もしながら旅行感覚で学びたいのか、それとも本格的に英語が話せるようになって帰りたいのか、目的に合わせなくてはなりません。スパルタ方式の学校を選んだ場合、門限が厳しかったり授業数が多いですので観光目的の人には合いませんが、短期間で集中して学びたい人には適しています。短期間でセブ留学をしてしっかり英語をマスターして帰りたいのであれば、出来るだけ日本人が少ない学校を選ぶいいでしょう。

日本人が少ない場合、学校の授業外で日本人と接する機会が少なくなる為、日本語を使う機会が少なくなります。他の人達とコミュニケーションを取る為には英語を話さなくてはなりませんので、自然と会話が出来るようになっていくからです。日本人がいると日本語で会話をするようになり、せっかくセブに留学をしていても英語を話す機会が少なくなります。

日本人が少ないのが不安なのであれば、日本人スタッフがいる学校を選べばいざという時に助けになってもらえるので安心です。相手がスタッフであれば必要な時以外は話しかける必要はない為、何かあった時だけ頼れる相手がいるのは心強くなります。初めて海外に行くのであれば不安が大きいですが、いざという時に頼りになる相手がいるというだけで伸び伸びと留学生活を楽しめるようになりますので、頼れるスタッフがいるところが安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *