小学生留学を行うメリットや注意点とは

近年では留学の低年齢化が進み、小学生のうちから留学をスタートさせるという家庭も増えてきています。

小学生留学には親子で留学するケースと子供が一人で留学するケースの2種類があり、さらに子供が一人で留学する場合には、短期と長期の2種類があります。短期の小学生留学は、春休みや夏休みなどの長期休みを利用してサマースクールやキャンプに参加する方法です。海外で生活する体験ができるため、本格的な留学を行う前に、ためしに参加するという人も多く見られます。長期留学は1年以上の留学です。現地の子供と同じような教育を受けることになるでしょう。

小学生留学の場合には、国によって受け入れ可能な年齢や保護者同伴の義務などが定められています。小学校低学年の場合にはスイスやイギリスが主となりますが、小学校高学年になると、アメリカやオーストラリア、ニュージーランド、カナダなどから選べるでしょう。小学生留学のメリットとしては、幼いうちに英語に接することができるため、ネイティブ並みの発音やリスニング力が身につくということが挙げられます。

将来海外の有名校に入学できる可能性もあがるでしょう。日本にいる時よりも生活態度がしっかり身に付き、自主性も育つといわれています。反対に日本語旅行を維持するのが大変です。日本語の読み書きをはじめとし、特に感じの勉強はおろそかになってしまうため、保護者が休みの間に意識して教えるなどの注意が必要になるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *